プロフィール

 

出身地 愛知県西尾市 (出生地 岡崎市)

 

大学卒業後、東京都港区の外国人向け不動産会社の企画部一級建築士事務所に入社し、都心部の高級住宅地にて、相続対策を兼ねた土地の有効活用の不動産コンサルティングを行う仕事に就きました。立地診断、在日外国人のライフスタイルを反映した建築企画、事業収支計画、管理運営計画等の作成の仕事を経験することができました。

オーナー様のお考えやご事情、また、外国人の住まわれ方や建物設備の維持管理状況等、常に、リアルな情報を身近に得られていたことは、その後の建築設計に対する考え方に大いに役立っています。

 

出身地の愛知県に戻り、名古屋都心部のまちづくり(丸の内駅前、千種駅南、納屋橋西再開発)に関わりました。再開発の現場事務所にて、法定再開発事業の事業計画、権利者生活再建計画等権利調整、施設計画、補助金申請等のお手伝いの仕事を経験することができました。大変忍耐を必要とする仕事でしたが、素晴らしい関係者のみなさんとの協働と良好なコミュニケーションのお陰で、事業は完遂し、その後の地区周辺の賑わいも増している様子を時々ながめることは、一担当者として、まちのために少しは役立てたのではないかととても嬉しく感じています。多くの人が関わる仕事の仕方、大きな組織ならではの仕事の仕方、喜びを知るよい機会となりました。

 

納屋橋西再開発事業の進捗の区切りのよいところで組織から離れ、実家の建替えを機に、現在の事務所を設立することになりました。日本の森林・山の現状を知る機会を得て、木の生かし方や木造の建築を再考し、木造伝統構法等を学び直し、木造建築を中心に設計を行っています。不動産デベロッパーでの経験も生かし、相続や資金計画等お金のことや運営管理のこと、まちの再生のことも考えながら、仕事をしています。

 

最近では、高齢期に一人暮らしになった時の住まい方について、女性として建築士として不動産コンサルタントとして、何ができるか、自ら事業を行うことも含めて考えはじめています。。。

 

                                         江上 一枝