業務報酬基準について

 

建築士事務所が、その業務に関して請求することのできる報酬の基準は、

平成21年国土交通省告示第15号『新しい業務報酬基準』に定められています。

 

建築主向け 業務報酬基準のやさしい説明パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [154.5 KB]
ダウンロード
業務報酬基準 平成21年国交省告示第15号.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [375.8 KB]
ダウンロード
建築設計・工事監理業務等の業務報酬基準 解説(国交省監修).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [2.4 MB]
ダウンロード

 

なお、『新しい業務報酬基準』を用いて業務報酬を算定する際の「人件費単価」

考え方については、以下の補足資料に事例で示されています。

 

業務報酬基準(補足資料) 業務量と技術者区分別標準日額.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [190.2 KB]
ダウンロード

  ~時を超える魅力~

時とともに

住まう人とともに魅力を増す、

自然の素材の力、

匠の技を生かす、

今はモダンな次代のヴィンテージ...

 

次代の負担の軽減にもなる、

思いやりの資産デザインは、

共感する人たちに引き継がれていく...

 

  “MODERN VINTAGE”

    ~信  条~

『どう住まうかは、どう生きるか。』

人生は選択の連続。

選択には、潜在意識が

大きく関わっているという。

潜在意識の質は、

無意識のうちに蓄積される

毎日の暮らし方

に左右されるという。

 

住環境の大切さ。